記事一覧

1・メディアはできるけ多くの人が注目する事を意図して発信してくる
2・必要なのは、多くの人の心を捉える事ができるかどうか
3・お金以上に大切なのは時間と言うが、時間以上に大切なものが実はある
4・実は、時間の経ち方は人によって異なる
5・歳をとらない人の「世界」の見え方
6・芸能人は、他の芸能人の個人的話題に興味はない
7・芸能人のうち、有名芸能人でない人達は自ら望んでそこにいるのだろうか
8・「人生遅すぎる事はない」の本当の意味
9・趣味や愛好は人の人生や外見にまで影響するのだろうか
10・TVもネットも「人」の報道は両極端
11・有名人は自分にとって本当に「関係ない」人なのだろうか
12・外向型な人について
13・デジタルは時間を止めた
14・キーワード別で上位ヒットするサイトについて
15・個人サイトで収益化したいなら何を書くかで全てが決まる
16・「人の共感を得よう」としてサイトを始めるのは難易度が高い
17・誰に何を言われようと自分の願いを叶える為に実直になれ
18・日本のTVは変わろうとしないし、変わる事も出来ない
19・ネット上の公式を除いた芸能関係の情報について
20・何の取柄も特技もないと嘆く人は他人がしている取柄や特技ができないから嘆く
21・成功する人は、成功が全体の何%といった、倍率・確率論は度外視している
22・常識に縛られているとそれを超えた発想が出来ず、常識範囲内の勝負を強いられる
23・トップクラスになりたいなら、彼らだけが存在し、彼らを普通の基準と観て、それ以外は意識しない
24・発信する表現に、万有引力のような多くの人の心を動かすエネルギーがあるか
25・商品を売る事しか考えないサイトは失敗する
26・何らかの理由で社会に適合できず、ネット収益を始めた人がいる
27・お金が介在しない人と人との繋がり
28・子供にはお金の事を教える前に人の本質と人間性について教えるべき
29・YouTuberは職業名ではなく発信と商業の手段である
30・サイトを見る人の性別と年齢層は想定する事
31・モテる男がする事、しない事
32・知恵袋等に自分の性格・状況・外見を質問するのはやめるべき
33・時代の先を見る力は少数の人にしかない
34・「自己愛性」の特徴に当てはまると悪なのか?
35・疑問を投げかけるのと愚痴・批判の違い
36・自分の発言に対して「お前は何を言ってるんだ?」の返答について
37・人類が同じ負の歴史を繰り返す理由
38・日本は安心・安全な国なのに、生きづらいと言う人が増えている理由
39・不安感と嫌悪感を与える表現のサイトが増えた最大の理由
40・負のスパイラルを出る唯一の道は外部干渉
41・成功・有名は、誰でもない自分の人生を歩んだ結果
42・最も悩んではいけない事は自分の力で変えられない事
43・芸能人の価値は誰が決めているのか
44・創作物は作者が歪んだ心だと人が不快に感じるものしか創れず、美しい心だと人が集まるような素敵なものが創れる
45・ネット上の夢半ばで諦めた人達の声に、ポジティブなものは殆ど見られない
46・ネットの拡散力で有名になった人達と、芸能人やアスリートは違う
47・お金・才能だけでは、人としての魅力は築けない
48・苦境の時に誰が側にいたか、誰もいなかったなら排他的だったかどうか疑え
49・「大人は暗い・汚い」と子供が言ったら、どう答えるか
50・有名人の中には過去の排他的な自分を克服した方がいる
51・ネットでお金を稼ごうとする人が99%失敗するのはユーザーが求める商品がないから
52・行動や考えが多数と違う人は、世界の見え方が違う
53・自分の好きな人や領域に、嫌いな人が関わる場合の対処法
54・会った事もない人を「嫌う」本当の理由
55・若さ特有の魅力か、成熟した大人の魅力か
56・他人との比較による「焦り」は若さを失う原因になる
57・2040年の日本において、存続が危ぶまれる領域
58・日本の競争力が低いのは、アングロサクソンになれないから
59・発言が中身よりも、誰が言ったかで影響力が決まってしまう時代
60・2040年までに日本の高齢者の年齢定義が変わる?
61・アイドル的人気の芸能人は、特定の事件や政治の発言をしない方が良い
62・有名になった人は皆、広い世界に出た
63・情報は他人との比較を生むがチャンスも生む
64・ブレイクポイントは様々な勝因が同時に重なった時にやって来る
65・本当のイケメン・美人は、上品な色気・品位・カリスマ性を兼ね備える
66・リスペクトされる人は多くの人が実現できない事を叶えられる人
67・知識は勉強して得られるが、知性・品性は容易に得られるものではない
68・子供はなぜ、無邪気で笑顔で元気なのか
69・占いは全否定しないが、他力本願になりやすい
70・組織形態で仕事をするのに向かない人とは
71・社会不適合と会社不適合は違う
72・露出・性表現に対する見方は変わったが、セーフサーチではNGになる
73・独自の思考・個性が強い人は、他人との時間より、自分だけの時間が圧倒的に多かった
74・独自の時間が流れている人とは
75・有名人の慶事は報道する必要があるのか
76・アイドルファンを続けても虚しさだけが残る人が読むべき事柄
77・日本で芸能スターへの特別視が弱まっている理由
78・何故、検索候補の一文字目で芸能人の名前が出るのか
79・接客や営業ができる人は超人なのか
80・子供の時、時間経過が長く感じた理由
81・芸能界の一部でセレブ路線が流行している現象について
82・自己責任の限界について
83・Wikipediaと本当の百科事典の違い
84・検索結果で「やばい」という語句が目立つ理由
85・母子家庭で育った人は、父親がいた人とどう違うのか
86・私が「苦手」だった人達
87・お金に困っていない人ほど、他人に対して優しいのか
88・芸能人のゴシップ報道は、出やすい人とそうでない人がいる
89・2050年の日本
90・夢に挑み続けると、周囲にいる人が変わっていく
91・世代・年代という括りほど個性を無視したものは無い
92・ネット上に溢れる「成功者の言葉」「経済メディアの発信」
93・常識とは多数派が作り出したもの
94・プライドとは
95・情報収集ばかりしていると行動に移す勇気が無くなる
96・TVを長年観ないとどうなるか
97・アメリカ人も、人と比べたり、成功者・有名人を妬む人がいる
98・多くの人と同じ事をしたくないのは我儘なのか
99・全ては出会いから始まる
100・思考停止が最も危うい理由
101・人は一人では生きていけない
102・外見が良くても、その人特有の人間的魅力がないと、無機質なAIロボットに仕事を奪われる
103・人に夢・愛を届ける仕事は絶対にAIにとって代われない
110・本当の成功とは