TOPPAGE

このページはトップページです。
当サイトの内容は各投稿記事にあります。
また、当サイトの全ての記事は「一覧」に掲載しています。

もっと自分を大切にしてほしい!

「情報化社会」…ネットは産業革命に匹敵する人類の大発明と言われています。
これがもたらしたものは、もはや説明不要であり、計り知れません。

今、こうやって私がサイトを運営できるのも、皆さんに言葉を話せるのも、見てくださっているのもネットの力です。

しかし、その反面、数字とデータが人類に影響力を及ぼすようになり、人間らしさ、かつて護られていた価値観や幸福といったものが崩れてきています。
日本に限った事ではないですが、都会でも地方でも、街を歩けばスマホを眺めている人が多い、そして、学校や職場等でも常に「情報」に繋がっている、いや、強制的に繋がらされているような気がするのです。

そして、その表情は「どこか寂しく」「悲しく」「明るさがない」ように思います。

皆さんは、何を考えているのでしょうか。インターネットと繋がって、何をしようとしているのか。
投資していて株価や投資先の企業の動向をチェックしているのでしょうか。
それとも、何らかの悩みを持っていて、ネット上に自分と同じ仲間や、同じ意見の人を探しているのでしょうか。

仕事を探しているのか、勉強や知識を得るために活用しているのか。

お金を稼ぐ方法、束縛された生き方を辞めて自由になりたい、だから不労所得を得るにはどうすればよいかとか。

はたまた、有名人や芸能人、Youtuberの情報を見ているのか、インフルエンサーの発言に影響されているのか、社会の出来事を傍観しているのか。
歌手や俳優、アイドルの画像や動画を眺めているのか、異国の景色を遠い目で眺めているのか。

その、ネットとの殆どの使い方が「自分の人生ではない」事に時間を使っているのではないかと思います。

「自分なんてちっぽけだ」
「自分に自信がない、何の特技も特典もない」
「モテないどころか、出逢いもない」
「この人生でよかったのか、後悔ばかりだ」
「自分で決めた人生じゃない、親や周囲の大人に言われたから、こうなった」

「他人や世の中のせいじゃないとわかっているけど、誰かのせいにしたくなる」
「今の結果は自己責任と言う情報ばかりだ」
「自分は何者でもない、認められていない」

「あらゆる努力を尽くしても、仕事ができない」
「あの人みたいに器用じゃない」

「社会の歯車みたいで、自分の価値を疑う」
「いい大人なのに、皆が普通にできる事ができない」
「障がい者や低所得者を社会的弱者として報じないでほしい」
「優しく、綺麗事を言う純粋な人が潰されやすいのは、欲まみれな人が増えたから」
「世界には、色んな分野で活躍している人がいるのに、私は取り残されている」
「俺よりも若い人がどんどん有名に、お金持ちになっていく」

「有名人や成功者を認める事ができない、メディアはそういう人を讃えすぎてる」
「能力や収入の差が年々、拡大しているから、競争に挑むのは無謀」
「家庭環境や遺伝で決まる、努力もそうだから、高望みしない方が楽」

「無理ゲー・ガチャという言葉まで出ているから、身の丈にあった生き方が幸せだよ」
「いつからか、外見に世間がうるさくなった」
「就職し、結婚し、家族を持ち、それが幸せだと思っていたが、違った」

「私には何の特典もないから、せめて芸能人のファッションだけでも真似しよう」
「学校の勉強以上に、知らないといけない事、生きていくのに必要な力があるのに、無知だった」

「人間関係に疲れた、気の合う仲間だけでいい」
「情報を遮断して、井の中の蛙大海を知らずでいい」
「国内でも苦しんでいる人がいる一方、SNSを見ると幸せそうな人を見かける」
「この国は危機感がない、TV番組や芸能人、遊ぶ事ばかりの学生を見ればわかる」
「日本は、若い間に人生決まるとか、年齢制限が厳しい国だろう」
「これまでの日本の常識が変わるようで怖い」
「年功ではない能力重視の時代は生きづらい」

「日本では、高齢者が昔に比べて、敬われなくなった気がする」
「毒親で、家族とは不仲だ」
「学校にも、職場にも居場所がなく、家との往復で日々が過ぎる」
「Youtubeやブログでお金を稼いで、一生、好きな事で生きていきたい」
「ネットで稼いでる人は、基礎学力が高くて理数系ばかりで凄すぎる」
「今更、プロの先発組に挑んでも勝ち目はない」
「住んでいる地元は保守的で、変わろうとはしない」
「昔は良かった、あの時代に戻りたい」
「一度落ちたら、やり直しが効かない時代になった」
「競争なんて嫌だ、日本人は競争なんて向いていないよ」
「日本に外国人が増えて、文化・民族の違う者同士が共生できるのか」
「近年、高級ブランドや宝石の広告しているモデルが増えてるけど、一体誰が買うんだろう」
「アメリカは経済成長続けるし、韓国は得意分野で日本に勝っているし、どうなるんだ」
「日本が年々ネガキャンされてるけど、本当にオワコンなのか」
「業界の暗部が露呈して、純粋に夢を目指す事ができなくなった」
「中国も韓国もインドも興味がない、国内で生きるから他所の国は知らなくていい」
「英語や韓国語が話せる有名人はいるが、日本人には本当に必要なんだろうか」
「好きな事で生計を立てられる人なんて私の周りにはいない」
「生きていくだけで必至で、自分の本当にやりたい事を我慢していた」

こういう気持ちになっている人は多いのではないでしょうか。
そして、こういった発言や、ネガティブな言葉は、ネット上に山ほど出回っています。

人生全般、経済的な事や家庭内での悩み、職場や学校での悩み、自分の容姿や身体、健康面での悩み、自分の能力や才能について疑う事…

実は、これらの悩みは全て「他人と比較」している事で起こっている現象です。

そして、現代は、そういった自分で悩みを抱えている人が「情報化社会」によって「自分と関係のない他人」と比較しやすい環境が出来ています。
更に、悩みがあり、誰にも相談できない、誰も自分の事を理解してくれないなら、ネットに答えを見つけようとして、検索したり、自分と同じ仲間を探そうとします
絶対、それは辞めてください

奇跡的に、それで心が一時は救われても、根本的には自分の状況は変われません。

そして、上記のような言葉を、普段何気なく発している、思っている、ネット上に目の前にネガティブな言葉が現れてそういったサイトを覚えているのだとしたら、それは貴方がネガティブな思いが脳裏に焼き付いているからこその検索結果です。そして、全ては他人との比較、そして不安から生じる悪い習慣です。
それをまずは断ちきってください

このサイトは「自分の人生を生きろ~The Life is Light~」つまり、自分の人生は自分で築き上げ、輝かしいものにしていくという趣旨です。

私についてはこちらの頁にて差しさわりない範囲でお話していますが、様々な紆余曲折がありました。ですが、このサイトは、私自身の経緯を紹介する日記ではありません。

ただ「前向きに」人生を築いていきたい「大きな夢を叶えたい」という方へのサイトなのです。

大丈夫…読んでくださった貴方なら「誰かの脇役ではない」「自分らしい・自分が主役の人生」を歩めるはずです。

By Angel-Broadcasting